スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<劇団>「ふるさときゃらばん」経営破綻 負債6億円(毎日新聞)

 ミュージカルを全国で上演する劇団「ふるさときゃらばん」の運営会社(東京都小金井市)が経営破綻(はたん)し、東京地裁の破産手続き開始決定を受けていたことが分かった。破産管財人の弁護士によると、負債総額は関連会社「ふるきゃらシネマ」と合わせて約6億4700万円。今後は事業譲渡の交渉を進め、公演の継続を目指すという。

 帝国データバンク東京西支店によると、劇団が文化庁主催芸術祭賞を受賞した1985年から運営会社が事業を開始。日本文化や環境問題などをテーマにした創作ミュージカルの上演を続け、05年の「愛・地球博」にも出演。05年8月期には約9億3900万円の売り上げを計上したが、景気後退によるスポンサーの撤退、地方自治体からの招待の減少などで採算が悪化していた。

【関連ニュース】
映画製作配給会社:シネカノンが民事再生法の適用申請
1月倒産:負債総額2兆6032億円 日航3社で9割
倒産:4年ぶりに前年下回る…09年
いづみや総本社:自己破産申請へ 愛知で飲食40店
企業倒産:負債総額2兆6032億円 日航3社で9割--1月

小出保子さん死去(絵本作家)(時事通信)
雑記帳 身体障害者100人がたすきをつなぐ日本縦断駅伝(毎日新聞)
ワクチン一本化 新型インフル 季節性と混合(産経新聞)
偽造株主優待券 密輸容疑で6人逮捕、マックを1万8千枚(毎日新聞)
社会資本審委員、大幅入れ替え=新任10人、政策転換をアピール-国交相(時事通信)
スポンサーサイト

また「撮り鉄」?お座敷列車止める…滋賀(読売新聞)

 20日午後5時頃、滋賀県草津市のJR東海道線草津―南草津間で、フェンス(高さ1・8メートル)内の線路脇に不審な人がいるのを、通りがかった網干発米原行き快速電車に乗っていたJR西日本の社員が気づき、運転士に知らせた。

 電車は約100メートル通り過ぎて停止したが、不審者はすぐに立ち去ったという。同社によると、同時刻ごろ、お座敷列車「あすか」を連結した回送の団体臨時列車が通過する予定だったといい、電車の写真撮影を趣味とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが線路敷地内に入ったとみられる。

 安全確認のため、快速電車が約6分間、現場で停止し、特急など上下6本が6~11分遅れ、約3500人に影響が出た。

 あすかはこの日、「草津線全線開通120年」を記念したイベントで、草津―柘植(つげ)(三重県)間を往復。草津駅で乗客を降ろし、京都方面に回送されることになっていた。

 あすかは運行回数が少ないため、鉄道ファンの人気が高い。14日にも大阪府柏原市のJR関西線で、鉄道ファンが線路敷地内に立ち入り、ダイヤが乱れるトラブルがあったばかりだった。

<数学分野>研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減(毎日新聞)
<雑記帳>苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)
警視庁巡査長が盗撮=女性のスカート内、停職(時事通信)
【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 中国への歩み寄りは無意味(産経新聞)
バンクーバー五輪 スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)

第25回「正論大賞」贈呈式 佐瀬氏「萎縮せず言論」(産経新聞)

 第25回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)の贈呈式が19日、東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂で行われ、大賞を受賞した防衛大学校名誉教授の佐瀬昌盛(させ・まさもり)氏(75)にブロンズ彫刻「飛翔」(御正進(みしょう・すすむ)氏制作)と副賞100万円が日枝久フジサンケイグループ代表から贈られた。また、第10回「正論新風賞」を受賞した拓殖大学大学院教授の遠藤浩一(えんどう・こういち)氏(51)にブロンズ彫刻「ソナチネ」(小堤(おづつみ)良一氏制作)と副賞50万円が豊田皓(こう)フジ・メディア・ホールディングス社長から贈られた。

 佐瀬氏は「自分を萎縮(いしゅく)させてはいけないと意識してきた。毒にも薬にもならない言論活動は私にはあわない」と、改めて長年の言論活動の信念を語り、遠藤氏は「日本政治は混迷を深めている。少しでも正すというとおこがましいが、頑張っていきたい」と語った。

 正論大賞は「民主主義と自由を守り、発展させる」という「正論路線」の言論で傑出した個人や団体に贈られる。佐瀬氏は東西冷戦研究の第一人者で、1980年代の「反核運動」や朝日新聞報道がいかに東側に偏向していたかを論証。冷戦後の日本の安全保障にも論考を発表してきた。

 正論新風賞は21世紀を担う気鋭の言論人を表彰。遠藤氏は、あるべき「保守」像を積極的に提唱し、月刊「正論」の連載「福田恆存と三島由紀夫の『戦後』」で見せた戦後日本への深い洞察が高く評価された。

【関連記事】
正論大賞 佐瀬昌盛氏「毒にも薬にもならない言論活動は私にあわない」
地方分権の核心は「人材」にあり 猪木武徳
日本人の心の中の天皇観が大切
塩川氏「二大政党制は古い」 「正論」懇話会
対立軸のない与野党の経済政策

五輪スピード 高木選手「空回り」 岡崎選手「次」に意欲(毎日新聞)
不整脈の寛仁親王殿下がご退院 佐々木研究所付属杏雲堂病院から 宮内庁(産経新聞)
未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を(医療介護CBニュース)
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示(時事通信)
小沢氏 「国民の支持は得られる」と潔白を強調  (産経新聞)

社員100人超が申告漏れ=所得計20億円、クレディ・スイス日本法人(時事通信)

 スイス金融大手の日本法人「クレディ・スイス証券」(東京都港区)の社員ら100人超が東京国税局などの税務調査を受け、親会社から与えられたストックオプション(自社株購入権)で得た所得計約20億円の申告漏れを指摘されたことが19日、分かった。追徴税額は総額で約8億円に上り、大半は修正申告したとみられる。
 関係者によると、社員の大半は親会社から与えられたストックオプションについて、株が上場されているスイスなど海外の証券会社の取引口座で株を取得し運用。2007年ごろまでに株を取得したが、日本の国税当局に申告せず、売却利益や配当についても無申告だった社員もいたとみられる。少なくとも3人の社員がそれぞれ1億円を超える申告漏れを指摘されたという。 

ヤミ金業者に携帯レンタル 容疑で会社経営者ら4人逮捕(産経新聞)
柳田邦男さん 伝記絵本を翻訳…マータイさん「感謝!」(毎日新聞)
<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)
小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)
刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)

<鳩山政権>マニフェスト「進行中」132件…毎日新聞調査(毎日新聞)

 毎日新聞は21日、発足から5カ月を経過した鳩山政権について、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)や与党3党の連立政策合意をどの程度実施したかを独自調査する「マニフェスト実行度」の5回目の結果をまとめた。進行中の政策は調査対象(178項目)の4分の3にあたる132項目。内閣が「霞が関」の幹部人事を一元管理するなど目玉政策の法案策定が相次ぎ、「中期」段階に進んだのは前回から9項目増えて61項目となった。

 一方、禁止すると公約した「年金保険料の流用」が発覚した。これで公約「違反」は2項目となった。

 この1カ月で法案や法案概要がまとまった主な政策は、省庁幹部人事を一元管理する国家公務員法改正案▽地域主権の柱となる「国と地方の協議の場」設置法案▽製造現場への派遣を原則禁止するなどの労働者派遣法改正案▽郵政事業の見直しなど郵政改革(基本)法案--など。出遅れ感のあった政策分野で前進がみられた。

 また、通常国会の最大焦点である「政治とカネ」問題では、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件を機に、及び腰だった企業・団体献金禁止を目指す政治資金規正法改正案の策定に着手。大地震に見舞われたハイチでの国連平和維持活動(PKO)への陸上自衛隊派遣も決め、国際貢献分野で得点を挙げた。

 新たに「違反」と認定した「年金保険料の流用禁止」は、民主党が野党時代、長妻昭厚生労働相らが痛烈に批判してきた問題。財政難が理由とはいえ、「流用」阻止を試みた形跡はなく、長妻氏も「遺憾」と表明した。

【関連ニュース】
鳩山首相:政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません
小沢幹事長:「青木氏は役割終えた」…対抗馬の擁立会見
鳩山首相:「すごい精神力だな」…高橋大輔「銅」
鳩山首相:カレーライス食べ、新人議員らと懇談
鳩山首相:米「アショカ財団」創設者と意見交換

「ガンジーは『7つの大罪』で自省求めた」 首相、指南要請で墓穴(産経新聞)
長崎知事選受け自民、「政治とカネ」で攻勢へ 22日から審議拒否(産経新聞)
菅家さん「謝罪、物足りない」…足利事件無罪論告(読売新聞)
<いすゞ>4車種リコール いずれも圧縮天然ガス車(毎日新聞)
祖父の除雪機、巻き込まれ4歳孫死亡…秋田(読売新聞)

<内閣人事局>局長は民間人起用も可能に 原案を変更(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、今国会に提出する国家公務員法等改正案に盛り込まれた「内閣人事局」の局長について、官房副長官に限るとしていた原案を変更し、副大臣や「首相が指名する人物」も充てられるように修正する方針を決めた。首相が望む人材を弾力的に起用できるようにするのが狙い。

 首相が官邸で仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相らと協議し決定した。局長の条件を「官房副長官または副大臣、その他首相の指名する者」と変更し、民間人の起用も可能にする。19日に閣議決定し、国会に提出する方針。

 仙谷氏は首相官邸で記者団に「局長の仕事は相当な量になる。仕事の質量ともに(官房副長官が)片手間でできるのか、と官房長官と首相が考えた」と説明した。政府は今秋から、労働基本権の付与や人事院の廃止を含めた公務員制度の抜本改革へ向けた議論をスタートさせるが、人事局長が制度設計の中心となる見通し。【小山由宇】

【関連ニュース】
鳩山首相:「政治とカネ」で小沢幹事長に電話
民主党:参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ
党首討論:政策論議置き去り 「政治とカネ」新味なく
党首討論:政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初
民主党:政調組織「復活しない」 小沢氏、要望拒否

女子大学院生にセクハラ、60代教授を懲戒解雇(読売新聞)
国公立大入試4.9倍=志願倍率が確定-文科省(時事通信)
【いま、語る関西人国記】大阪国際会議場社長 萩尾千里さん(72)(産経新聞)
大阪ガス ロボットでガス管点検 阪大と共同開発(毎日新聞)
ごみ箱閉じ込め窒息死、父親に懲役11年(読売新聞)

<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)

 19日午前10時55分ごろ、群馬県太田市新田市野井町の生品神社境内にある武将・新田義貞の銅像(高さ約80センチ、約240万円相当)が盗まれたと、氏子総代の男性(66)が市教委を通じて110番した。銅像は地元ゆかりの新田義貞が、よろい姿で刀を奉納している立ち姿。太田署によると、台座に固定したボルトごと力ずくで引き抜かれたような跡があるという。17日午前10時ごろから19日までの間に盗まれたとみて捜査している。

 市文化財課によると、銅像は1941年に作られ、83年に新田義貞の挙兵650年を記念して設置された。新田義貞が鎌倉攻めの際、神奈川県・稲村ケ崎で海に太刀を投げ込むと潮が引き、海側から鎌倉へ攻め込んだ、伝説の場面という。【塩田彩】

行政評価機能強化へ機動調査班…総務省方針(読売新聞)
異常気象どうして? バンクーバー、雪不足深刻 ワシントン、大雪の原因は?(産経新聞)
<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)
鳩山首相、公邸改修「和室を洋風の寝室に…」(産経新聞)
雑記帳 新作パズル テーマは萌えキャラ(毎日新聞)

車の充電スタンド、国会議員会館駐車場に(読売新聞)

 環境に優しい「エコカー」の普及のため、国会近くの議員会館の駐車場にプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)用の充電スタンドが設置されることになった。

 地球温暖化問題に国会議員が率先して取り組む姿勢を示そうと直嶋経済産業相や小池百合子・元環境相ら超党派の有志議員が昨年12月、衆参両院の議院運営委員長に設置を申し入れたことがきかっけだ。

 国会事務局によると、設置するのは200ボルトのコンセント2基で4月1日から利用できる。

 使用料金はPHV車が1回90円、EV車が1回220円で歳費から料金を引かれる。

 利用には事前登録が必要で、現在登録している議員はわずか2人にとどまっている。

普天間、県外移設は困難=国民新・下地氏(時事通信)
漆黒の聖女に癒やされて 中宮寺の菩薩半跏像(産経新聞)
北教祖 日教組の牙城、突き上げ放題(産経新聞)
異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否(産経新聞)
<五輪カーリング>近江谷選手、2代挑戦「父の5位超える」(毎日新聞)

【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)

 ■硬度高いダイヤ 精密研磨

 千分の1秒を争う氷上のスプリント競技、スピードスケート。男子500メートルの日本記録保持者、及川佑(ゆうや)選手(29)らバンクーバー五輪に出場する国内外のトップアスリートが、究極の滑りを求めてシューズのブレード(刃)を磨くために使うのが、京都府宇治市の研磨製品メーカー「三和研磨工業」のダイヤモンド砥石(といし)「ブレード・シャープナー」だ。

 ブレードは、氷との摩擦が少なくなるように、厚さ1ミリ程度の刃先をできる限り平らに保つことが重要。しかし、いったん滑ると、氷上の不純物を踏むなどして凹凸ができてしまい摩擦が大きくなってしまうため、平らに研磨する必要がある。

 ここに目を付けて、同社がスケート分野に新規参入したのが、平成12年。営業担当者が取引先に「子供のスケート靴を砥石で研いでいるが、もっと良いものはないの?」と言われたのが、きっかけだった。

 昭和24年の創業まもなくから砥石のほか、グラインダーなどの研削工具を製造しており、ノウハウがあった。モニターを依頼した選手からの「もう少しスベスベになる感じで」という注文などにも出来る限り応え、約1年で発売にこぎ着けた。

 製品は直径約65ミリの円盤状で、目の粗さに合わせて数百~数マイクロメートル(1マイクロメートルは千分の1ミリ)大のダイヤモンド粒が入った砥石を使用している。細かく硬度が高いダイヤのため、より精密に研磨ができるほか、耐久性も高いのが売りだ。きっかけは「子供のスケート靴」だったが、販売代理店の営業や試用した選手の口コミで評判が広がり、現在は海外のナショナルチームも使っているという。

 同社企画開発部の福井健三さん(47)は「弊社のメーン商品ではないし、代理店に卸しているだけなので、有名選手が使っていたというのはしばらく知らなかった。工場で作業している社員や箱詰めしているパートのおばちゃんは今でも知らない」と笑うが、技術力は世界に認知されている格好だ。

 福井さんは「けがなく滑ってくれたら、必ずいい記録が出るはず」と日本選手の活躍を信じている。=終わり

【用語解説】スピードスケート

 1周400メートルのリンクを周回し、ゴールタイムを競う。バンクーバー五輪では男女それぞれ500メートルなど5つの個人種目と、団体追い抜きが実施される。日本からは男女19人が出場。加藤条治、長島圭一郎、及川佑の各選手らが出場する男子500メートルはメダルの期待がかかる。岡崎朋美選手は、冬季では日本女子最多となる5度目の五輪。また中学3年、15歳の高木美帆選手も注目だ。

                   ◇

 この連載は真鍋義明、渡部圭介、杉村奈々子が担当しました。

【関連記事】
スピード男子500メートルは史上最強 加藤「ようやく準備できた」
60年五輪出場の溝尾さん、スケート・高木らに声援 「わくわく」期待膨らむ
田畑、納得タイムに笑顔 開幕前最後のスケート記録会
15歳の高木美帆、五輪開会式「楽しみたい」
五輪選手村で入村式ラッシュ カナダなど続々

<自殺か>名古屋港で軽乗用車が海へ 車内の男性会社員死亡(毎日新聞)
雑記帳 秋田に来ねが~ 「がおたくん」に人気(毎日新聞)
自動車欲しい? 所有はステータスじゃない(産経新聞)
「信頼」では同盟維持できず…陸自幹部が発言(読売新聞)
埼玉県警初、山口組総本部を家宅捜索 暴力団抗争事件で(産経新聞)

もうすぐバレンタイン 串カツにコロッケ 変わり種チョコ人気(産経新聞)

 どこから見てもおいしそうな串かつやコロッケだが、正体はチョコレート-。こんな変わったチョコレートが豊島区東池袋のレジャー施設「ナムコ・ナンジャタウン」で販売されており、バレンタインデーのプレゼントにと人気を博している。

 この施設は毎年冬、約200種類のチョコレートを集めたイベント「チョコレート博覧会」を開催。昨年はカブトムシの成虫や幼虫を模したチョコレートが「キモかわいい」と話題となるなど、変わり種のチョコレートはここ数年人気を集めている。

 担当者によると、今年は静岡県島田市の「ケーキ工房リモージュ」が出品した「串かつエクレア」と「コロッケパイ」が人気だという。

 エクレアやパイをチョコレートでコーティングし、砕いたクッキーをまぶして本当に油で揚げたような色に仕上げている。“ソース”と“マヨネーズ”もついているが、これらもチョコレートだ。値段はいずれも2個で600円。担当者は「恋人や友人にプレゼントしてリアクションを楽しんでみては」と話している。販売は3月14日まで。

「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解(産経新聞)
国家公務員法改正案を閣議決定へ(産経新聞)
窃盗 カーナビ被害件数、過去最多に 高級車盗も大幅増加(毎日新聞)
基礎疾患に満遍なく注意を―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検-北海道・帯広(時事通信)

再診料下げ「経営を危惧」=診療報酬改定で-日医副会長(時事通信)

 中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)が12日、2010年度診療報酬改定を答申したのを受け、日本医師会(日医)の竹嶋康弘副会長は厚生労働省内で記者会見した。焦点となった診療所と病院の再診料統一について、同副会長は「(20円の引き下げとなった)8万に上る診療所の今後の医療経営を大変危惧(きぐ)している」と不満を述べた。 

【関連ニュース】
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協
再診料690円で統一=診療所引き下げ格差是正
必然性ないがん治療も=良性腫瘍の死亡患者に
明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で
明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討

【新・関西笑談】女性は一生輝ける(2)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)
<覚せい剤>病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
総務相が「次官」残し了承、でも将来廃止が条件(読売新聞)
ごみ収集車など8400台リコール(時事通信)
参院過半数で社民の心理的影響を注視-自民・大島幹事長(産経新聞)

将棋の里見が17歳で女流名人(時事通信)

 将棋の清水市代女流3冠(名人、王位、王将)に里見香奈倉敷藤花が挑戦する第36期女流名人戦5番勝負の第3局が10日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、131手で先手の里見が勝ち、3連勝でタイトルを奪取した。里見は17歳の現役高校生。10代での2冠達成は2人目。 

【関連ニュース】
佐藤九段が先勝=将棋棋王戦
最高齢棋士有吉九段が引退へ
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦
久保が先勝=将棋王将戦
渡辺が6連覇=将棋竜王戦

陸自演習場で射撃訓練中に火災、枯れ草引火か(読売新聞)
<個所付け>民主、資料の一部を野党に提出(毎日新聞)
訃報 玉置宏さん76歳=名司会「1週間のごぶさた…」(毎日新聞)
ノリタケ元社員を逮捕=業務上横領容疑-愛知県警(時事通信)
<訃報>濤川馨一さん94歳=元陸上自衛隊東北方面総監(毎日新聞)

<派遣法改正>通訳など専門26業務も 首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日の衆院予算委員会で、労働者派遣法の改正案で検討されていない通訳など専門26業務についても見直しが必要との認識を示した。共産党の志位和夫委員長の質問に答えた。

 派遣法を巡っては製造業派遣を原則禁止する改正案が検討されているが、通訳やOA機器操作など専門性の高い26業務は禁止の例外とされている。しかし、OA機器操作は既に一般的な業務とみられるうえ、専門業務の契約で専門以外の仕事をさせるケースも相次ぎ、見直すべきだとの批判が出ていた。

 予算委では長妻昭厚生労働相も「(専門と)無関係業務を行っているケースは専門業務と認めない」と答弁。厚労省は同日、派遣会社や経営者団体に「専門26業務と称した違法な労働者派遣の適正化」を要請し、各労働局長に集中的な指導監督を実施するよう通知した。【東海林智】

【関連ニュース】
失業:パート狙い撃ち1月56.4% 非正規の解雇で突出
外国人労働者:09年15.7%増、最多は中国25万人
労働者派遣法:労組や弁護士が抜本改正求める
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
労働者派遣法:12法案、参院での先議検討 政府・民主

作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
表皮水疱症患者への援助を要望(医療介護CBニュース)
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
<救護被爆>厚労省が認定緩和 広島・長崎指針を全国通達へ(毎日新聞)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)

「梁山泊」実質経営者を起訴=2億8000万円脱税-大阪地検(時事通信)

 グループ会社の所得を一部申告せず、法人税約2億8000万円を脱税したとして、大阪地検特捜部は8日、法人税法違反罪でパチンコ情報会社「梁山泊」実質経営者豊臣春国容疑者(59)を起訴した。同容疑で逮捕した会社役員2人は、関与が従属的として起訴猶予処分とした。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
OLC、純利益過去最高=法人税などの減少が寄与-4~12月期
住友林業、今期純利益10億円に下方修正=製造設備減損など計上で
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置
不動産取引で26億円所得隠し=脱税容疑、組長ら逮捕

石川議員ら3人保釈決定=陸山会事件-東京地裁(時事通信)
<ハイチ大地震>PKO派遣の自衛隊員200人 羽田を出発(毎日新聞)
<小1虐待死>心のSOS届かず 父かばい気丈に振る舞い(毎日新聞)
<無保険>高校生救済7月に開始 対象は1万人 厚労省通知(毎日新聞)
医療に「満足」は57%―日本医療政策機構調査(医療介護CBニュース)

【中医協】来年度診療報酬改定、12日に答申へ(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月10日の総会で、来年度に実施される診療報酬改定の主要改定項目の議論を終えた。12日に長妻昭厚生労働相に答申する見通しだ。

 総会では、継続審議となっていた再診料について、病院と診療所を69点で統一する案を公益側が提示。これに対し、安達秀樹委員(京都府医師会副会長)は「許容することは到底できない」と抗議し、退席した。鈴木邦彦委員(茨城県医師会理事)も退席し、総会は診療側の申し出により、約30分にわたり中断した。

 再開後に診療側は、公益案を受け入れるかどうかについて「コメントはありません」とした。遠藤会長は、公益側の提案について、「基本的には、結果を認める認めないということがあるという前提で出したのではなく、ご納得いただく前提で出した」と説明した。

 厚労省側はまた、「7対1」と「10対1」の看護配置を敷いている病棟が、看護職員の月平均夜勤時間のいわゆる「72時間ルール」だけを満たせない場合に算定する「7対1特別入院基本料」と「10対1特別入院基本料」の算定期間について、当初の「1か月間」から「3か月間」に改める案も提示した。
 しかし、坂本すが専門委員(日本看護協会副会長)らが納得せず、再び公益裁定に持ち込まれた。

 再開後、遠藤会長が、▽算定期間中も引き続き看護師の確保に努力し、その旨を適宜、地方厚生局に届ける▽最後に算定してから1年以内は、この基本料を算定できない-などの条件付きで算定期間を「3か月間」とする案を示し、了承された。

 総会ではこのほか、▽新設する精神病棟の「13対1入院基本料」の施設基準に「平均在院日数が80日以内」を追加する▽急性期病棟で提供された「充実したリハビリテーション」(1日6単位以上)の日数を、回復期リハビリテーション病棟入院料の算定日数から除外する-なども了承された。


【関連記事】
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着
【中医協】「療養病棟初期加算」は名称を変更へ
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示-厚労省

追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納-平野官房長官(時事通信)
被害者になるかも…不審死で警察が2人に警告(読売新聞)
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴(産経新聞)
松江で住宅火災 2人の遺体、親子か(産経新聞)
見えぬタンス預金、「ゼロ」が半数…衆院資産公開(読売新聞)

北日本と東日本、7日にかけ大雪・強風予想(読売新聞)

 北日本、東日本を中心に冬型の気圧配置が強まり、7日明け方にかけ、北日本と北陸地方を中心に、大雪や強風が予想されるほか、北日本と東日本で山沿いを中心に一部で大雪になると見込まれている。

 気象庁によると、7日午後6時までの24時間に予想される最大降雪量は、いずれも多いところで群馬県で110センチ、北陸地方で100センチ、東北地方と長野県で80センチ、岐阜県で60センチ、北海道で50センチとなっている。

 また、北陸地方で6日夕方にかけて、東北地方の日本海側では6日夜遅くにかけて、雪をともなう強風が予想されている。この影響で、北日本の日本海側と北陸地方の広い範囲で波の高さが6メートルを超える大しけになると予想され、気象庁が警戒を呼び掛けている。

津市長に松田氏が再選(時事通信)
首都圏連続不審死 静かな人、ネットで能弁…木嶋容疑者(毎日新聞)
「カルガモ走法」運送業者追送検 兵庫県警(産経新聞)
新日鉄が名古屋港に汚水排出、海保が捜索(読売新聞)
雪の影響で19人負傷=転倒相次ぐ-東京(時事通信)

仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20~30件 爆窃団関与?(産経新聞)

 東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」で1月、約2億4500万円相当の高級腕時計が盗まれた事件で、盗品処分の疑いで香港警察に逮捕された男らの関係先から押収された時計の中に、仙台市や福井県などで起きた4事件の被害品が含まれていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。男らの出入国記録などから、日本の警察当局は男らの「爆窃団」が国内で起きた20~30件の事件に関与した疑いもあるとみて捜査している。

 警視庁などは同日、捜査員らを香港に派遣した。押収された時計と被害品との照合状況、犯行に使用した工具の入手ルートなどについて情報交換するとともに、天賞堂の事件を香港の法律で処罰する「代理処罰」について協議する。天賞堂以外の被害品を持っていた経緯も調べる。

 捜査関係者によると、香港警察が逮捕、起訴した5人の関係先から181点の腕時計を押収。これらの製造番号と、日本で発生している窃盗事件の被害品を照合した結果、平成18年9月に仙台市内の百貨店で腕時計116点(6600万円相当)が盗まれた事件と、19年に福井県で発生した窃盗事件の被害品などが含まれていることが判明した。

 5人のうち3人は入国記録から、16年以降に来日を繰り返していたことが判明。3人の出入国の状況などから、3人を含む爆窃団が同年以降に発生した20~30件に関与した疑いもあるとみている。

【関連記事】
日本に群がる「爆窃団」 スピード逮捕で見えた強欲さ
銀座での腕時計窃盗、認める供述 香港警察の調べに男3人
隣接ビル壁にへこみ ジャッキ使用か 銀座3億円時計盗
壁に穴! 宝飾品3億円相当盗まれる 東京・銀座
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは

「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部-新潮社(時事通信)
「タクシー距離制限は違法」=ワンコイン5社が提訴-大阪地裁(時事通信)
読売演劇大賞に「ヘンリー六世」(時事通信)
<裏金接待>前福岡副知事を収賄容疑で逮捕(毎日新聞)
貴金属2000万円相当窃盗 天満橋の宝石店 ケース割られ(産経新聞)

里見連勝王手!4人目の10代名人へ戴冠確率100%…将棋 女流名人位戦第2局(スポーツ報知)

 ◆将棋 報知新聞社主催ユニバーサル杯第36期女流名人位戦5番勝負第2局(31日、千葉・野田市関根名人記念館) 里見香奈倉敷藤花(17)が、念願の女流名人に王手をかけた。里見は清水市代女流名人(女流王位、女流王将、41)に138手で勝ち、2連勝。10日に東京将棋会館で行われる第3局で、林葉直子、中井広恵、清水に続く史上4人目の10代での女流名人獲得を目指す。

 勢いに乗った女子高生は怖い。いやただの女子高生ではない、出雲のイナズマだ。

 「思った以上に力が出せました」。終局後、里見は自分に驚いたように話した。後手番では十八番の「ゴキゲン中飛車」を選んだ里見に対して、清水は執ように中飛車阻止という作戦に出た。「予想しなかった戦型になったけど、何とか乗り切りました」あえて居飛車にせず、意地で中飛車にこだわり、清水を根負けさせた。

 夢の女流名人位戦に初挑戦で、いきなり2連勝。タイトル奪取に王手をかけた。5番勝負になった81年度以降、連勝スタートは過去16例。11度の3連勝決着を含め、いずれもタイトルを獲得(防衛7、奪取9)している。データ上は名人就位率100%だ。

 偉大なる女流棋士への仲間入りが現実味を帯びてきた。17歳の里見が名人を奪取すれば1982年度の林葉直子(15歳)、85年度の中井広恵(16歳)、そして87年度の清水(19歳)に続く、10代女流名人の誕生だ。いずれも初挑戦初獲得を果たした3人は、里見が生まれる前の“レジェンド”。女流棋界にそびえ立ってきた厚い壁に、21世紀の新星が肩を並べようとしている。

 3月2日に18歳の誕生日を迎え、高校を卒業する里見にとっては、“女子高生名人”という称号は今期が最後のチャンス。母・治美さん(48)は、「制服を着て対局するのも今回が最後。洋服選びが大変になると思います。スタイリスト? 私はセンスがないので、どうしましょうか」と新たな悩みも。騒ぐ周囲にも、里見は「(タイトルには)あんまり気を寄せず、次の対局まで、しっかり勉強していきたいと思います」。

 進学はせず、プロに専念することに決めた女子高生は、受験に挑んでいる同級生と同じように、頭をフル回転させて春を迎える。

 ◆里見 香奈(さとみ・かな)1992年3月2日、島根・出雲市生まれ。森鶏二9段門下。6歳で将棋を始め、02年10月に女流棋士に。08年11月、16歳8か月の史上3番目の若さで初タイトルとなる倉敷藤花を獲得。終盤の鋭い攻めから「出雲のイナズマ」の異名を取る。島根県立大社高3年。

 ◆10代での女流名人初獲得
??▼林葉直子(1983年2月19日=15歳0か月) 初登場した林葉女流王将が第4局に勝ち3勝1敗で獲得。居飛車穴熊に構え、振り飛車の蛸島彰子女流名人を101手で下した。
??▼中井広恵(1986年1月20日=16歳6か月) 中井女流2段が、居飛車でじっくりと展開して123手で林葉直子女流名人を下し3勝1敗。初挑戦で自身初タイトルとなる女流名人を獲得。
??▼清水市代(1988年2月8日=19歳0か月) 清水女流2段が、中井広恵女流名人を118手で下し3連勝で初タイトル。戦型は両者相掛かり。清水が居飛車で中井がひねり飛車に構えた。
※段位、タイトルはいずれも当時

 【関連記事】
里見タイトル獲得に王手!得意の中飛車で快勝…将棋女流名人位戦
41歳清水名人、17歳里見倉敷藤花に「関根名人記念館」を案内…31日・女流名人位戦第2局
清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局
17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局
女流名人位戦 里見香奈 倉敷藤花 を調べる

自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及(産経新聞)
露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)
【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝-大阪府警(時事通信)
慎太郎都知事「自業自得」!朝青龍も協会もバッサリ(スポーツ報知)

糖尿病根本治療に道 膵島移植の拒絶反応解明 福岡大・理研(産経新聞)

 重症糖尿病の根本的治療法として期待される膵島(すいとう)細胞移植で、タンパク質の一種「HMGB1」が拒絶反応を促し、移植効果を妨げることを、福岡大と理化学研究所の研究チームが突き止めた。HMGB1の抗体投与で、拒絶反応を抑え移植効果を格段に高めることも判明。研究成果が米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に2日掲載された。

 福岡大の安波洋一教授(再生・移植医学)によると、HMGB1の抗体を治療薬として投与し、拒絶反応を抑える方法がヒトでも確立されれば、糖尿病1型の重症患者に対する根本治療として膵島細胞移植の普及が大幅に進む。早ければ4~5年後には本格的な治療を開始できる見込み。

 糖尿病マウスに膵島細胞移植を実施すると、膵島細胞に多く含まれるHMGB1が細胞外に放出され、免疫系のリンパ球「NKT細胞」などが活性化し、拒絶反応を起こしていた。移植前にHMGB1抗体を投与すれば拒絶反応を避けることができ、従来の4分の1以下の細胞数の移植で糖尿病マウスの血糖値を正常に保つことができたという。

 膵島細胞移植は、膵臓移植に比べて体への負担が少ないとされ、重症糖尿病患者の根本的治療として期待されている。ただ、拒絶反応が激しいことが最大の課題とされてきた。

<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
宝くじ28億円的中男が殺されていた!…米フロリダ(スポーツ報知)
「相撲の横綱じゃない」朝青龍問題で石原知事(産経新聞)
動物愛護団体の募金返還訴訟で原告敗訴(産経新聞)
トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示(時事通信)

<名誉棄損提訴>船田前議員夫妻らが新潮社を 週刊誌記事で(毎日新聞)

 自民党前衆院議員の船田元氏(56)と妻で元参院議員の恵氏(47)、船田氏が理事長を務める学校法人「船田教育会」が、昨年12月発売の「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社と同誌編集長に対し約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて宇都宮地裁に提訴していたことが2日分かった。提訴は1月18日付。

 訴状によると、週刊新潮の12月31日・1月7日号に掲載された記事について、船田氏が不倫をし、夫婦仲が悪化しているような印象を与えるとし、事実に反すると主張している。記者会見した船田氏は「有名税だと思い我慢したが、限界を超えた」と述べた。

 週刊新潮編集部は「訴状を読んで対応するが、提訴は意外だ」とコメントした。【吉村周平】

【関連ニュース】
サッカー協会:新潮社を提訴 川淵名誉会長の週刊誌記事で
出版社:記事有料配信、100誌が連携 来年実用化目指す
落合福嗣:父の中日・落合監督に「ガンダム禁止」 アニメトーク番組で秘話 ファミリー劇場
GACKT:実年齢を初公表「来年で37歳」 舞台で「眠狂四郎」に
損賠提訴:日本サッカー協会、「週刊新潮」を

ハイチ大地震 国際医療チームが成田空港に帰国(毎日新聞)
「角界に新しい風」=相撲協会理事選で-鳩山首相(時事通信)
姉夫婦を傷害致死で逮捕=同居の妹に暴行の疑い-広島県警(時事通信)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間-北海道・海保(時事通信)

<津市長選>現職の松田直久氏が再選(毎日新聞)

 津市長選は現職の松田直久氏(55)が再選。共産党地区役員の岡野恵美氏(57)を破る。投票率は58.24%。

 確定得票数次の通り。

当101024松田 直久=無現<2>

  28575岡野 恵美=共新

【関連ニュース】
久留米市長選:前副市長の楢原利則氏が初当選
本庄市長選:現職の吉田信解氏が再選
志布志市長選:現職の本田修一氏が再選
南城市長選:現職の古謝景春氏が再選
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発

<バンクーバー五輪>警備費用予算内に 現地組織幹部見通し(毎日新聞)
レンタルCD詐取の母子、名前8回変え返却せず(読売新聞)
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)
さっぽろ雪まつり 大氷像「イオラニ宮殿」が完成(毎日新聞)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)

中2女子が教室に包丁、教師が説得し取り上げる(読売新聞)

 千葉県船橋市の市立中学校で今月25日、2年の女子生徒(13)が教室に包丁を持ち込み、教諭に取り上げられる騒ぎがあったことが分かった。

 船橋東署は同校などから事情を聞いている。

 市教委などによると、女子生徒は同日午前10時40分頃、授業中に腹痛を訴えて教室を出た後、隣の教室に行き、入り口付近で友人を呼び出した。このクラスの教諭が自分の教室に戻るよう注意したが、女子生徒はそのまま教室に入り、後ろ手に持っていた包丁を見せ、友人の名前を呼んだ。

 教室にいた生徒らは教室の後方やベランダに避難した。騒ぎを聞いて駆けつけた他の教諭が女子生徒を説得し包丁を取り上げた。教諭や生徒らにけがはなかった。

女性に「殺すぞ」、自宅に立てこもり4時間半(読売新聞)
<名古屋ひき逃げ>車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取(毎日新聞)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除-元社員逮捕・警視庁(時事通信)
寝坊遅刻の郷田9段にボランティアなどの処分(スポーツ報知)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟-新潟(時事通信)

外国人参政権 97%が「憲法違反」(産経新聞)

 今回のテーマ「外国人参政権」について、26日までに2万4869人(男性1万8710人、女性6159人)から回答がありました。「参政権付与は憲法違反と思う」「参政権は国籍取得が前提」は9割を超えました。

 (1)参政権付与は憲法違反と思うか

 YES→97%、NO→3%

 (2)納税は参政権の根拠になると思うか

 YES→4%、NO→96%

 (3)参政権は国籍取得が前提と思うか

 YES→97%、NO→3%

 ■国益を考えるべきだ

 東京・男性会社員(30)「日本の将来を日本人が決めるという考えは当たり前ではないか。地方は国を構成する上で重要。地方参政権を外国人に認めるのは日本の主権を脅かすことにつながる」

 青森・男性医師(40)「納税を理由に参政権を与えている国はないと聞く。在日特権や外国人の登録に関する問題などの法律を改正せず参政権だけを与えるのは、日本人にとって不利益しか生じない」

 広島・男性医師(57)「民主党は日本を捨てる気か。どの国でも国籍を持たない限り、選挙権はない。外国人が選出されればその議員の国策に同調し日本の意見はなくなる」

 オーストラリア在住・男性会社員(46)「国籍のない居住者に参政権を与えている国はほとんどないのに、なぜ日本が税金を払っているだけで参政権を与えなくてはいけないのか理解できない。参政権が欲しければ帰化するなど、その国の国籍を取得すべきだ」

 静岡・男性アルバイト(59)「日本への内政干渉の可能性が出てくる外国人地方参政権は、日本の国益を守る立場から絶対に与えてはいけない。鳩山民主党は、もっと国益を考えて行動してほしい」

 福岡・男性会社員(53)「無条件に外国人に永住を認めるのは、いかがなものか。帰化するのかどうか本人の決意を確認すべきだ」

 東京・男性会社員(51)「所得税や住民税は参政権の対価ではない。税金を払っているから参政権を、というのは議論のすり替えだ」

 ■国際的に孤立する

 福井・男性会社員(21)「参政権を認め、日本をグローバルな国にすべきだ」

 広島・男性会社員(48)「頭ごなしに否定はしない。しかし、日本への忠誠心や言葉の審査などハードルは上げる必要がある」

 愛知・男性無職(78)「日本には異民族を排除する考え方がまだまだ強い。このままでは国際的にも孤立していくだろう」

 神奈川・女性アルバイト(20)「たくさんの外国人が日本に定住している以上、地方自治体の運営にかかわるのは当然だ」

 京都・主婦(47)「海外に長期間住んでいたとき、地方選挙の選挙権を与えられた。その国に住み税金を払っているならば、税金の使われ方に対して意見を言う権利があるのは当然。日本人は税金の使われ方に対する意識が低すぎると思う」

 【外国人参政権付与】 論議されているのは、永住外国人に地方参政権を付与するという案。ただ、憲法では「公務員の選任、罷免は国民固有の権利」と規定している。国籍のない者に認めることは憲法に抵触する恐れもあるが、専門家でも意見が分かれている。海外をみると、韓国は一部の外国人に地方参政権を付与、中国や北朝鮮は認めていない。ヨーロッパの一部は「相互主義」で認めているが世界的には少数派、アメリカはグリーンカード(永住権)があっても認めていない。

【関連記事】
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」
外国人参政権問題 官房長官「地方の意見は関係ない」
外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す

普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官(時事通信)
<著作権法違反>新手のソフトでアニメ流出 埼玉の男を逮捕(毎日新聞)
<掘り出しニュース>神社石段にひな人形1200体ずらり 千葉・勝浦(毎日新聞)
<詐欺グループ>廃業業者からの名簿流用 保護法の対象外(毎日新聞)
日中歴史共同研究 教科書に影響も 「盧溝橋事件」「南京事件」歩み寄り(産経新聞)

「私は無罪です」村木被告、毅然と語る 郵便不正事件(産経新聞)

 「私は無罪です」。村木被告は罪状認否でこう口火を切ると、「国民から信頼を得られるよう仕事してきた。国会議員に依頼されても、法に反することを引き受けることはあり得ません」と、毅然(きぜん)とした口調で書面を読み上げた。

 紺のスーツに眼鏡をかけた姿で入廷。弁護人の前の被告人席には座らず、ロス疑惑で無罪を勝ち取った辣腕(らつわん)の主任弁護人、弘中惇一郎弁護士の隣に着席した。検察側の冒頭陳述の間は、手元の書類と照合しながらメモを取り、時折検察官を見据えた。

 逮捕までは障害者雇用や男女共同参画など厚労行政の一線で活躍してきた。現在は起訴休職中で、同じ厚労省で最高幹部の総括審議官を務める夫と子供2人に囲まれて「初めての主婦生活」を送るが、今も復職を強く願っている。

 昨年11月に保釈されるまでは、支援者らが連日拘置所に面会に訪れ、この日も傍聴席は満席だった。閉廷後に会見した村木被告は「応援が支えになっている。信頼に応えて裁判を闘っていきたい」と話した。

【関連記事】
村木元局長はクロかシロか? 検察、弁護双方が自信深める理由は
郵便不正などで赤字拡大 ウイルコの09年10月期決算
村木被告「なんでこんなことが」 郵便不正事件
「議員案件でルール無視は幻想」 郵便不正事件
村木被告が会見「記録も記憶にもない」 郵便不正事件

「日本海」は国際的に確立=政府答弁書(時事通信)
小沢幹事長宅に実弾郵送か=秘書が発見、届け出-警視庁(時事通信)
小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
<連続不審死>埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
石川議員逮捕、法相に事前報告(時事通信)

<雑記帳>節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)

 大阪・北新地の早春の風物詩「堂島薬師堂 節分お水汲(く)み祭り」を前に、舞を奉納する北新地の芸者らで構成するPR隊が27日、毎日新聞大阪本社を訪れた。

 祭りは2月3日、大阪市北区の堂島アバンザ周辺で開催。鬼が飲食店を回って厄払いする「鬼追い」や、開運招福のため、僧侶が水を汲む「お水汲み」がある。

 昨今の不況のあおりを受けて寒風吹きすさぶ北新地だが、「厄を払って商売繁盛。大阪を活気づけたい」と芸者の清一さんとさく与さん。自慢の舞を“呼び水”に気合は十分。【植田憲尚】

【関連ニュース】
鮒市:1日限りの市に掛け声響く 佐賀・鹿島
ノリ:佐賀産ならでは やわらかな口どけ 新ノリのシーズン到来
年明けうどん:正月の新風物詩 ブレーク、各メーカーが新商品を続々
初生け式:新年の風物詩 1300人で初生け--京都・池坊
初競り:新年の風物詩 大間産マグロ1628万円--東京・築地市場

1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで-厚労省(時事通信)
「妻と子供殺した」=府警に出頭、男逮捕-大阪府警(時事通信)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
<雑誌>「ホームレスと社会」創刊 明石書店(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターかつとしほし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。