スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<南アW杯>日本生まれ北朝鮮2選手 開いた扉、懸命の一矢(毎日新聞)

 【ヨハネスブルク(南アフリカ)野村和史、ジョージ(同)江連能弘】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で15日、44年ぶりに出場した北朝鮮代表として、日本で生まれ育った2人のJリーガーがピッチに立った。川崎フロンターレのFW鄭大世(チョンテセ)選手(26)と、大宮アルディージャのMF安英学(アンヨンハク)選手(31)。強豪ブラジルに1-2で敗れはしたが、夢の舞台で懸命のプレーを見せた。

 ヨハネスブルクのエリスパーク競技場。試合開始前に国歌が演奏されると、鄭大世選手は人目もはばからず、涙を流した。

 名古屋市で生まれ、07年に北朝鮮代表に選ばれたが、そこに至る道は平たんではなかった。朝鮮籍の母の希望で、小学生から朝鮮学校で学んだ鄭大世選手にとって「母国を北朝鮮に設定するのは自分の中では当たり前だった」。だが自身は父親と同じ韓国籍。「北朝鮮代表には100%なれない」と言われたこともあるが、北朝鮮関係者の配慮で北朝鮮のパスポートを取得し、韓国籍のまま代表入りが認められた。その時のことを「目の前の大きな扉がゆっくりと開いた」と振り返る。

 点取り屋の鄭大世選手にとって、極端に守備的な北朝鮮代表の戦い方が当初は苦痛だった。チームメートに「どうやって点を取りゃいいんだ」と不満をぶちまけたこともある。その時、たしなめたのは母親だった。「周りの協力があって成し得た立場を一人のわがままで放棄してはいけない」と。チームプレーに徹しようと決めた。

 迎えたこの日。防戦一方の中でも最後まで体を張った。終了間際には味方のロングボールに必死で体を伸ばしてヘディングでラストパスを送り、一矢報いるゴールにつなげた。

 岡山県倉敷市生まれで朝鮮籍の安英学選手は、02年から代表に名を連ねる。北朝鮮は98、02年大会の予選に参加せず「代表になるという目標を持ちにくい時期もあった」が、06年大会ではアジア予選に出場。そして4年後にたどり着いた「世界の方たちが見てくれる」舞台。MFとしてチームを支え続けた。

 優勝候補の壁は厚かった。だが、鄭大世選手は「世界一のレベルを体感したことで、また自分の成長につながると思う」と前向きにとらえた。

 ◇「私たちの英雄」母国から応援団

 【ヨハネスブルク高尾具成】ヨハネスブルクであったブラジル-北朝鮮戦のスタンドには北朝鮮からの応援団約50人が陣取った。試合開始前には朝鮮半島の民謡アリランを合唱。伝統的打楽器を打ち鳴らし、強豪ブラジルの攻撃に体を張ってプレーする代表選手への応援を続けた。

 平壌から応援に来たハン・ソンヒさん(22)は、FW鄭大世選手らに期待していると話し、「代表選手は私たちの英雄。北朝鮮代表がW杯の舞台に立てたことを誇りに思うし、特別な日」と語った。また、応援団の40代男性は「44年前と同様の活躍を期待している。もちろん優勝を目指して戦ってくれるはず」と国旗を翻した。会場には在日コリアンや韓国の応援団も駆け付け、深紅のユニホームで健闘をみせる選手たちに声援を送っていた。

【関連ニュース】
南アW杯:日本人カメラマン、3人組に襲われる
南アW杯:北朝鮮録画放送FIFAは合意 貧困国向け措置
南アW杯:日本初戦勝利で早速関連グッズ好調
南アW杯:名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率
南アW杯:瞬間最高視聴率49.1% 関東地区

整理手続きで否認表明=福知山線事故、JR西前社長―神戸地裁(時事通信)
<琵琶湖>生態系に変化 過去100年分、生物の遺骸を分析(毎日新聞)
<ザ・コーヴ>上映中止問題を考えるシンポ 550人が参加(毎日新聞)
プラネタリウム 巨大スクリーンが完成 名古屋市科学館(毎日新聞)
「完全に春日のトゥースです」 ネットで話題の自民・谷垣ポスター(J-CASTニュース)
スポンサーサイト

文化財の宿守る苦労 美人女将の宿「鳥取三朝温泉・旅館大橋」(産経新聞)

 世界でも有数の放射能泉として知られる鳥取県三朝町の三朝温泉。カジカガエルが鳴く三徳川の清流に面して建つ旅館「大橋」は、昭和7年の創業以来の建物で営業を続けている。全館が本格的な日本建築で、本館や離れなど実に館内5カ所が国の登録有形文化財。“伝統建築”ゆえの維持管理の苦労はあるが、女将の大橋久枝さん(69)は「また来たい」という宿泊客の声を励みに、老舗を守り続けている。(鳥取支局 服部幸一)

  [フォト]海・山の地元食材をふんだんに使った創作会席

 建物は、正面の道路側からは2階建てに見えるが、裏側の河原から見ると3階建て。宿泊客を迎える玄関は2階ということになる。この形で建築されたのは「温泉遺産」と認定された大橋が誇る「岩風呂」を屋内に取り込むためだったという。

 岩風呂は、建物ができる前は三徳川の河原だった場所にあり、岩のすき間3カ所から自噴。それぞれの湯船の底は今も、当時の自然の川底のまま、大小の石が重なっている。

 それぞれ「上の湯」「中の湯」「下の湯」と呼ばれる噴き出し口の間隔は数メートルほどしかなく、3つの湯船は「巌窟の湯」と名づけた浴場1カ所に収まるほどだが、泉源は別々。湯の温度もそれぞれで違い、含まれる成分も中の湯と下の湯のラジウム泉に対し、上の湯はトリウム泉と異なっている。

 この珍しいわき湯を、三朝町に隣接する倉吉市で旅館や料理屋を経営していた大橋さんの祖父が譲り受けたことから、それに見合った立派な建物をと県内の銘木を集めて建てたのが、国の文化財にまでなった由来。現在使われている27の客室はすべて異なったしつらえで、「南天の間」は天井を網代のように組んだ数十本の皮つきのナンテンの木で装飾、「桜の間」の床柱はサクラといった趣向を凝らしている。

 全室が“リバービュー”なのも魅力だが、建物と温泉に劣らず大橋さんが力を入れているのが料理。冬の松葉ガニをはじめ、春の山菜、夏の岩ガキやアゴ(トビウオ)と、地元産の食材にも恵まれ、平成15年に現代の名工に選ばれた知久馬惣一総料理長の創作会席を目当てにリピーターになる宿泊客も多いという。

 「著名な方がお泊まりになることもよくありますが、特別なサービスをということはありません。利用していただくお客さま皆さんに心からくつろいでいただき、来てよかったと思っていただけるよう努めているだけです」。建物だけでなく、「もてなしの質」の維持にも心を砕いている。

 ■三朝温泉

 伝説によると、平安時代末期の1163年、近くの三徳山三仏寺で源頼朝の家臣、大久保佐馬之祐が源氏の再興を祈願した際に白狼が夢枕に立ち、湯が湧き出ていることを教えたとされる。三徳川の両岸に旅館が建ち並び、昔ながらの温泉街の雰囲気を醸し出している。本格的な療養温泉でもあり、岡山大医学部付属病院の医療センターなども設けられている。

 JR山陰線倉吉駅からバスで約20分、鳥取空港からはリムジンバスで約1時間。旅館大橋((電)0858・43・0211)は1泊2食付き1万8900円から。

【関連記事】
300年守り続けるぬか床 愛媛・松屋旅館
島根・松平閣 宍道湖借景の日本庭園
若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」
“金髪女将”で有名な山形の老舗旅館倒産のカゲに何が…
泥棒をチャリで猛追!66歳の旅館女将お手柄

精神医療の在り方で議論―厚労省検討チーム(医療介護CBニュース)
地域交付金、抜本見直しを=省庁版事業仕分けで―内閣府(時事通信)
沖縄でも口蹄疫か=牛1頭がよだれ(時事通信)
菅首相 会期延長を検討 2週間程度(毎日新聞)
民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターかつとしほし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。